黒しばわんこの気まま人生

糸満市の製糖工場跡にある煙突

calendar

✅機銃掃射跡の残る煙突

サトウキビ畑や木々に囲まれた糸満市武富付近には沖縄戦前に稼働していた製糖工場跡地があり、現在でもその設備の一部である煙突が残っています。
その煙突がなんなの?と思われるかもしれませんが、この煙突には機銃掃射の跡が残っていて戦争遺産だと考えることができます。

道路が煙突部分だけ狭くなっていますが、車通りもほぼ無いので問題なさそうです。

工場跡には近くに川が流れていますが、川を挟んで対岸から見ても異質な存在感を放っています。

✅読谷村の機材を流用

沖縄戦以前に読谷村にあった製糖工場が、「お墓を作る」という理由により日本軍に接収されてしまいます。
その頃、この集落でもサトウキビを馬の力で搾って黒糖を作っていました。
そして読谷村の製糖工場の話を集落の住民は聞いて「製糖工場の機械を譲り受けて製糖工場を建設しよう」と考えました。
工場建設が成功すれば黒糖の生産量を大きく増やすことができますからね。

そして機材も買取り、煙突もレンガをひとつひとつ人力で積み上げ20mの高さを持つ立派な物が出来上がりました。

手でひとつひとつ積み上げられた上、ちゃんと丸く積み上げられています。高さは約20m

昭和19年に無事に工場は完成したのも束の間、戦争が激しくなったことによって稼働期間は数か月でした。
戦争によって働き手が奪われていき、使われ始めたばかりの工場は戦争へ巻き込まれていきます。

レンガをも砕く銃撃。煙突に無数に跡が残っています。

煙突の先端は大きく崩れ落ちています。

この記事をシェアする

自己紹介

ポチ太郎

ポチ太郎

アラサー独り身旅好き男。 仕事のストレスは趣味のダイビング・スノボー・サバゲー・一人旅で発散しています! [詳細]