黒しばわんこの気まま人生

濃厚ながら魚粉であっさり!!東京アンダーグラウンドラーメン 頑者

calendar

TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者

夜勤明けで違う駅の先輩に池袋に呼び出され、集合時間にも遅れて行ってみるとランチを奢ってもらいました。池袋駅の中の東武ホープセンター内にある「TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者」へ!

この東武ホープセンターっていうコーナーは知らないと分かりづらいと思うんですが、池袋駅の西口へ続くエスカレーター・階段の左後ろ辺りにある通路を有楽町線改札方面に進むと中ほど右側にサウスゾーンがあります。頑者の他にもトンカツ屋や星乃珈琲店があります。

メニュー

まず、店の前に券売機があり、そちらで食券を購入し並んで案内を待ちます。

主なメニューの価格は

  • つけ麺(濃厚) 830円
  • 特製つけ麺1030円
  • つけ麺ライト(淡麗)830円
  • 特製つけ麺ライト(淡麗)1030円

これらが主なメニューで、麺の量を100円で450g、200円で600gに変更できます。今回は特製つけ麺と100円を支払い、麺の量を450gへ変更しました。

 

席数や提供時間

店内の座席は、4人がけテーブルが3つ、残りはカウンター席で10人ちょっと座れるくらいのキャパシティです。外観は黒を基調としてお洒落な雰囲気なので女性でも気軽に入っていけるのでは?と勝手に思っています。実際、女性単独客も3人ほどいました。店内の壁が鏡を使用しているので店内を広く見せる工夫もしているようです。

私が来店した時は11時20分過ぎですが8割ほどの着席率でしたが、店を出た時には3人ほど外に並んでいました。

料理の提供時間は食券を渡してから10分くらいでした。

今まで川越市にある頑者に行った事はありましたが、川越市の頑者と同じくこの「アングラ頑者」も太麺を使用しておりボリュームがあります。それは頑者の創業者が製麺をしており、その時から太麺を使っており現在の頑者グループでもそれが受け継がれているとのことです。今回は量を増やしているのもありますが、どんぶりの縁辺りまで麺がキテます(笑

コレくらいないとデブはやってらんねーよと実食。太麺に濃厚スープがよく絡みます!動物系のスープに魚粉の香りと味が合わさり、あっさりとした味にしてくれます!濃厚スープでもあまり重く感じませんし、麺がストレート太麺でモチモチとして食べ応え有りなのでデブの胃袋も満たしてくれます(笑

 



つけ汁

つけ汁の中身

  • 焼き豚チャーシュー
  • ナルト
  • 半熟ゆで卵
  • ねぎ
  • チャーシューの破片
  • スープ上に魚粉

個人的にはゆで卵が半熟でちょうどよく蕩け垂れて食欲をそそられたのでお勧めです(笑

TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者

TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者

所在地:東京都豊島区西池袋1-1-30 東武ホープセンター内

営業時間:10:00~22:00(ラストオーダー21:30)

この記事をシェアする

自己紹介

ポチ太郎

ポチ太郎

アラサー独り身旅好き男。 仕事のストレスは趣味のダイビング・スノボー・サバゲー・一人旅で発散しています! [詳細]