黒しばわんこの気まま人生

那覇市久米の甘味処「千日」

calendar





✅沖縄で愛される老舗甘味処

初めて沖縄に来るとあまりの暑さに驚く方も多いかと思います!

この暑さをのりきる為にやはり「冷たい物を食べたい!」と思うはず!!

沖縄にはブルーシールアイスや甘味を味わえるお店は国際通りを中心にいっぱいあります。

しかし、今回紹介するお店はゆいレール旭橋駅または県庁前駅から徒歩10分ほどの「千日」というお店です。

両方の駅のちょうど間らへんなので、私自身もどっちからアクセスするか迷います^^;

この「千日」は観光客の集まる国際通りからはゆいレールを挟んで反対側にあります。

店までの道のりに特に目印となる建物もないのでちゃんと到着するか不安がありますが、国際通りとは違った普通の街並みの中に「千日」はしっかりとあります。

✅外観

✅入り口

✅どこか懐かしい雰囲気の店内

店内の雰囲気は現代のカフェなどとは違った、昔ながらの雰囲気を残しています。それもそのはず、このお店は創業50年以上の老舗だそうで店の雰囲気もうなずけます。

私はいつも昼時などの時間を外した15時くらいに行くのですが2~3組のお客さんがいるくらいでのんびりできます。このお客さんも観光客というよりもご近所のおばちゃんという感じで、地元でも愛されているお店のようですね♪

このお店は入店してカウンターで注文、できたら呼ばれるので取りに行くというセルフサービスですのでご注意!!

✅昔ながらの店内

✅冷たいのが特徴の「沖縄ぜんざい」

以前の記事【沖縄ぜんざい「富士家」】でも書いた通り、沖縄のぜんざいは煮た金時豆にかき氷が乗っています。このお店でもそんな沖縄ぜんざいを味わうことができます。

これまでに頂いたぜんざいは「アイスぜんざい」「ミルク金時」「イチゴミルク金時」です。一番安いアイスぜんざいは300円で、高くても500円あればイチゴミルク金時が食べられます。

「アイスぜんざい」は金時豆にかき氷がのった物で、特にシロップなどはかかっていません。

「ミルク金時」は’’アイスぜんざい’’に甘いミルクシロップをかけた物。

「イチゴミルク金時」はイチゴシロップとミルクのかかった’’アイスぜんざい’’という感じです。

✅みるく金時

✅いちごミルク金時

✅圧巻の大きさのぜんざい

ぜんざいの大きさは20㎝以上でかなりの大きさです!
大体スマートフォンやiPhoneの1.5倍くらいですかね。
圧巻の大きさで食べ方によっては雪崩が起きてしまいます(笑

甘い金時豆と冷たい氷の相性は抜群で、沖縄の暑さも忘れられますよ!
お値段もお手頃なので、ちょっと時間が空いた時に来店されてはいかがでしょうか^^♪

関連ランキング:かき氷 | 旭橋駅県庁前駅


↓↓↓ポチッ!!っとしていただけたらもっと頑張ります!↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

この記事をシェアする

自己紹介

ポチ太郎

ポチ太郎

アラサー独り身旅好き男。 仕事のストレスは趣味のダイビング・スノボー・サバゲー・一人旅で発散しています! [詳細]