黒しばわんこの気まま人生

戸隠の名物女将と戸隠そば「二葉屋 葉隠」

calendar

たまたま入った戸隠の蕎麦屋「二葉屋 葉隠」

先月中旬頃、職場でよくやっているサバゲー集団で泊まりのサバイバルゲームに行きました。職場と言っても鉄道会社なので、色んな駅の人や工務区の人で全20人くらいの中々の大所帯です。そんな集団で宿泊地の長野県に向かいました。

当日20人もいると車は5台必要な上に、鉄道会社の勤務形態は警察などのような泊まり有りの隔日勤務なので準備が出来た順にバラバラで行く事になります。私は休日だった為後輩の一人を川越駅で拾い関越から上信越道を爆走し、宿泊地に一番乗りでした。しかし、到着が早すぎてチェックインもできないし、サバゲーフィールドの場所も知らん・・・(笑 ホテルのロビーに近隣の案内があり、戸隠神社を発見。そういえば、来る時に道すがらデカイ鳥居があったなぁと後輩を引き連れ戸隠神社へ…

戸隠神社を放浪していたら先輩の車も到着し、時間があるから適当な店で戸隠蕎麦を食べようということになりました。どうやら「戸隠そば」というものが有名らしい、知らなかった(笑

戸隠神社の鳥居を出て、ロータリー的なところを右へ行くと良さそうな店が隣り合って二軒並んでいました。またまた何も考えず「二葉屋 葉隠」へお邪魔しました。

 

外観

二葉屋 葉隠さんの外観

落ち着いた外観です

入り口

hagakure-noren

シンプルな暖簾

昼酒できる

hagakure-tanuki

入り口で出迎えます

早速入店。木の引戸は開け放してあり、暖簾はあるけどとても入りやすい雰囲気です。6人で行きましたがすぐにカウンターに案内されました。テーブルは埋まっていたので仕方ない!

女将さんが「隣にはお客さん通さないからゆったり使って!」など丁寧に対応してくれます。話しやすい雰囲気だし、いい女将さん!

hagakure-tana

綺麗に蕎麦が並んでいます

メニュー

  • ざるそば800円
  • 生粉打ちざる蕎麦1000円
  • 手臼あら挽きざるそば1050円
  • 手臼玄挽きざるそば1100円
  • そばがき950円
  • 手臼あら挽きそばがき1100円
  • かけそば800円
  • たぬきそば850円
  • 天ぷらそば1250円
  • 鴨南蛮1450円

手臼あら挽きざる蕎麦は10食限定、手臼玄挽きざるそばは予約限定の物なので注意ですね!!

私、蕎麦について全然詳しくないので手臼あら挽きざる蕎麦を注文。詳しくないから文章説明あるやつがお勧めだと思って(笑

戸隠産の蕎麦を雪に埋めて熟成させて粗挽きしたものに、一割のツナギを入れて作った蕎麦とのことです。戸隠は寒暖差の激しい高原性の気候で蕎麦栽培に適しており、甘味が強いと女将が説明してくれました。蕎麦をそこまで気にして食べた事はないので楽しみ!

手臼あら挽きざる蕎麦 1050円

hgakure-soba

あら挽きなので粒が見えます!

注文後10分程で女将が蕎麦を持ってきてくれました。蕎麦についてを軽く説明して、「ゆっくりしていってね♪」とネットでよく聞いた言葉を言って奥へ下がっていきました。戸隠蕎麦は昔からイベント事などのご馳走として振舞われていたので、空腹を満たすというものでなくゆっくり味わって楽しむものだそうです。早食いの俺には痛い言葉ですね…

「一番最初に食べる時は塩を少し付けて食べてみて!」と教えてもらったので言われたとおりやってみる。

蕎麦ってこんなに甘かったっけ!?と驚く(笑

塩のおかげで甘さが分かりやすくなって、蕎麦本来の甘さが分かりやすい!たぶんそばつゆで食べていたら気づかなかっただろうなぁ~。普通のざる蕎麦を食べていた人もいたので3本ほど貰って食べ比べてみましたが、同じ戸隠産蕎麦なのに舌触りとか滑らかで甘さも全然違った。蕎麦とは奥が深いですね!!

あと、蕎麦が上手かったのはもちろんなんですがピッチャーで用意されていた蕎麦茶が上手かったです!写真とかは撮ってないし、上手く表現できないけどいい香りで旨くて飲みまくっちゃいました(笑 行く人がいたら是非飲んで欲しい!!

食べ終わりましてお会計です。支払いを終えて出ようとしたら飴ちゃんをくれながら「今日はカウンター席でごめんなさいね。埼玉からだから遠いと思うけど近くに来たらまた是非来てね♪」とのお言葉をいただきました♪ 商売根性から言ってる感じは全くせず、「はい、また来ますね♪」と自然に言わせてしまうこの女将も戸隠の名物ではないかと思います!




二葉屋 戸隠

二葉屋 戸隠

住所:長野県長野市戸隠中社宮前

営業時間:10:30~16:00(売り切れ仕舞い)

MAP

この記事をシェアする

自己紹介

ポチ太郎

ポチ太郎

アラサー独り身旅好き男。 仕事のストレスは趣味のダイビング・スノボー・サバゲー・一人旅で発散しています! [詳細]