黒しばわんこの気まま人生

泊埠頭「とまりん」にあるまぐろ食堂

calendar





「軽食の店ルビー」や「キロ弁」に程近い泊埠頭、通称「とまりん」の2階にある定食屋です。とまりんからは大東島とか様々な場所へ行くフェリーがあるので、待ち時間潰すのにはいいですね!

メニューはマグロを中心として、サンマの塩焼きやカキフライ、白身魚フライなどの魚介類から沖縄そば、チキンカツカレー、チャンプルーもあります。さすが沖縄の定食屋ですね。カバー範囲が広い笑

値段は3000円というメニューもありますが、普通の定食であれば1000円前後となっています。

行く前に調べたら、すぐに行列ができるから早めに行った方がいいなどと情報があり、開店してすぐに行ったため余裕で座れました♪ 入店したら食券を購入して席選びへ!沖縄の定食屋は大抵食券形式ですね。

座席数は4人テーブルを中心にかなりあります。お水はセルフサービス。

食券を渡して5分強で料理が配膳されました!

まぐろ食堂定食 ¥1600

今回はまぐろ食堂定食¥1600を食しました。

まぐろのなかおち丼、マグロステーキ、刺身、てんぷら、アオサ(たぶん…)の味噌汁、丼用の卵、モズク

店名だけあってひたすらマグロです!

私、マグロ好きだから素晴らしいと思います♪

お味の方はなかおち丼とマグロステーキ、お味もしっかりついていているのでおいしいですよ!

お刺身に関しては淡泊な気がしました。まぁ、赤身だから当たり前なんですが、本土で食べる刺身はもう少しコッテリしてるかな~くらいの違和感なので普通に食べれますよ!

少しだけ物足りない気がしました。

それでも調理してあるなかおち丼とマグロステーキはそんなことを全く感じさせてくれず、安定の完食!

今度は違うメニューを食べに来たいですね♪

なかおち丼

というか、沖縄のマグロって有名なの??

そもそも沖縄でマグロというのは全くイメージがありませんでした。

マグロといえば、和歌山の勝浦とか青森の大間が私のイメージです。沖縄の魚屋というと、熱帯魚が並べられているイメージしかないですが改めて調べてみたところ、沖縄では一年を通してマグロを獲ることができる場所だったのです。マグロの水揚げ量も国内では毎年10位以内には入っているようです。軽く調べた結果ですが、沖縄県の水揚げした魚種で一番多いのもマグロなのだとか…クロマグロ・キハダマグロ・メバチマグロ・ビンナガマグロという代表的なマグロは全て獲ることができるとのことなので、今度沖縄に来たらマグロ巡りしてもいいかな笑

また、調べていてよく目にしたのは「沖縄マグロは脂がのっていない」という文字。魚に脂が乗るのは、寒さから身を守るためです。青森などの寒い海のマグロと沖縄の温暖な海のマグロでは脂の量も違いが出るということでしょうか。

私は所詮、質より量(極端に不味いのは嫌だけど...笑)の人間のためバカ舌なのでわかりませんが、食通の方は本土のマグロを思い出しながら食べてみてはいかがでしょうか♪

マグロステーキ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介

ポチ太郎

ポチ太郎

アラサー独り身旅好き男。 仕事のストレスは趣味のダイビング・スノボー・サバゲー・一人旅で発散しています! 将来の夢は沖縄移住! [詳細]