黒しばわんこの気まま人生

館山海軍砲術学校

calendar

館山駅から国道410号を南下していく途中、「鬼の館砲」と呼ばれていた館山海軍砲術学校跡地にたどり着きます。また、地図の位置には記念碑が建立しています。

✅鬼の館砲

館山海軍砲術学校は陸戦と陸上防空の教育訓練を目的に、1941年6月1日に横須賀海軍砲術学校の分校としてに館山市郊外の神戸村佐野(現館山市佐野〉に開校しました。隣接する平砂浦が演習場として使用され,陸戦隊の幹部候補の養成を目的としていました。兵科は,「陸戦科」・「対空科」・「化学兵器科」に分かれ,教育を受けた兵科予備学生は,一期~五期までで陸戦科1,348名,対空科2,444名,化学班249名となっています。予備学生のほかに普通科練習生,高等科練習生,陸戦隊および防空隊の新編部隊,さらに指揮官の教育訓練など,内容は多岐にわたっていました。教育内容をみると,陸戦科では,平砂浦演習場において攻撃や防御,水陸両用戦車などの教育訓練を中心におこなわれました。「鬼の館砲」とよばれるほど日夜にわかたぬ猛特訓を受けており、卒業後は北はアリューシャン列島、南はジャワやニューギニア島など太平洋の各地戦場に赴き、学んできた陸戦技術と技能で戦いました。

太平洋戦争初期の段階では敵前上陸や橋頭堡襲戦闘などを主とする戦闘訓練に力がいれられていましたが,戦局の悪化とともに対戦車訓練・夜間挺身奇襲戦闘など実戦に備えた訓練に重点が移っていきます。学校の西側と東側の丘陵上には高角砲の砲台が構築され,対空科はここで,高射射撃指揮と砲員の操作訓練を行いました。

✅館山警備隊

1944年,房総半島が本土決戦の重点地域になると,館山海軍砲術学校は「館山警備隊」となりました。そして砲台構築に力を注ぎ,対空防備の拡充に全力を傾けるようになる。訓練は陸戦と対空のみにしぼられ,短期養成の士官を次々と前線に送っていきます。しかし,終戦間際の1945年7月にはアメリカ軍の本土上陸地点と想定されたため、訓練場所としては不適切とのことで学校は閉鎖されます。

戦後は施設跡を利用し房南中学校が開校します。旧兵舎は1969年まで校舎として利用されていました。中学校の東側にはパラシュート降下訓練用プールボイラー室が残り,また裏山には,高角砲跡格納庫跡が残っています。

碑文(平和の鐘より)

たった一つしかない命 たった一回しかない人生

この尊いものを若くして祖国に捧げられた諸勇士に感謝と尊敬の思いを込め

この平和祈念の鐘の音を捧げます

この記事をシェアする

自己紹介

ポチ太郎

ポチ太郎

アラサー独り身旅好き男。 仕事のストレスは趣味のダイビング・スノボー・サバゲー・一人旅で発散しています! 将来の夢は沖縄移住! [詳細]