黒しばわんこの戦跡ガイド

八重瀬町字富盛に残る「第24師団第1野戦病院本部壕」

calendar

名称 第24師団第一野戦病院壕
住所 〒901-0402
沖縄県島尻郡八重瀬町字富盛
解説 八重瀬岳中腹に残っている病院壕跡。白梅学徒隊も看護活動をしていた。駐車場等も整備されている。 難度
A (行きやすい)

ポチ太郎
沖縄南部の八重瀬岳には第24師団第1野戦病院本部壕というのがあったべよ

ハチ公
白梅学徒隊がいた壕ですね!

第24師団第一野戦病院壕跡は現在は八重瀬公園内にあり、公園自体も駐車場や公衆トイレの設備が整備されています。
駐車場から壕はすぐ到着し、別の階段をさらに登っていくと八重瀬グスクへと繋がっています。

第二四師団第一野戦病院壕は八重瀬岳中腹にある壕で、「上の壕」と「下の壕」がありました。
上の壕は琉球石灰岩を採掘して造られた壕で、L字型の形状で主に手術室に使用されていました。
下の壕は泥岩(クチャ)を彫り込まれた壕で、500人程の患者が収容可能であり、第一野戦病院の本部が置かれていました。

病院長:安井二郎軍医少佐・以下軍医・衛生兵 186人・陸軍看護婦・補助看護婦 46名(白梅学徒隊)の人員がいました。
壕内は通路の両側に竹を組んで作られた2段から3段のベッドが置かれていました。
当初はアメーバ赤痢や肺結核の患者が収容されていましたが、戦争が進むにつれて負傷者が大量に運ばれて満床となってしまい、4月下旬には新城分院東風平分院が開設されました。
しかし、日本軍の撤退によりこれらの分院は6月3日には閉鎖されています。
その翌日の4日、富盛の病院壕において白梅学徒隊の解散が宣言されました。

白梅学徒隊(県立第二高等女学校)第24師団第1野戦病院入隊(山3486)
昭和20年3月6日 県立第二高等女学校在学四年生55名は軍命により軍属となり、第24師団第1野戦病院(山3486)入隊衛生看護教育隊として東風平国民学校で教育を受けた。集中教育で毎日テストが繰り返された。また注射の実施指導も行われた。教育隊の第1班から第3班までは、穂徳高等女学校在学生55名が配置され、第4班から第5班までは第二高等女学校の在学生55名が配置された。第6班は初年兵で構成されていた。
昭和20年3月24日 衛生教育終了。同日夕方白梅隊員は字富盛八重瀬岳にある第一野戦病院へ移動配置された。
昭和20年3月25日~27日 健康上又は家庭の事情で白梅隊員9名帰宅命令。
昭和20年4月下旬 第一野戦病院新城分院開設され、命により白梅隊員5名配置につく。(通称ヌヌマチガマ)
昭和20年6月3日 戦況が悪化し新城分院壕は閉鎖され、隊員5名は八重瀬の本隊へ復帰した。
同日…第一野戦病院本部は戦況の悪化により、富盛の八重瀬岳から糸満市国吉の壕へ後退が決定され、直ちに移動を開始した。

富盛の上の壕…L字型の壕入り口に手術室があった。白梅隊員の主な任務は病兵の食事・用便の世話・包帯交換更に手術の手伝い・切断した手足の処理等々であった。

富盛の下の壕…八重瀬岳中腹に掘られた縦横其々4~5本の入口壕でおよそ500名の患者収容能力があった。その壕には、軍医・衛生兵・看護婦が凡そ190名と、白梅隊員46名がいた。白梅隊の主な任務は、傷病兵の食事・用便の世話・包帯の交換・水汲み汚物の洗濯であった。

看板より引用




白梅学徒隊(沖縄県立第二高等女学校)

沖縄県立第二高等女学校の前身は、1905年(明治38年)那覇市に設立された女子講習会(同年私立那覇女子技芸学校となった)で、その後変遷を経て、1928年(昭和3年)に沖縄県立第二高等女学校になりました。
1945年(昭和20年)3月24日、生徒たちは東風平村(現八重瀬町)富盛の八重瀬岳に置かれていた第二四師団第一野戦病院に配置されることになりました。
生徒の仕事は、負傷兵の看護や手術の手伝い、水汲み、飯あげ、排泄物の処理、死体埋葬などでした。
その後、5名の生徒が具志頭村(現八重瀬町)新城の自然洞窟(ヌヌマチガマ)の新城分院に配置されましたが、米軍が迫ってきたため、6月3日、分院は閉鎖されました。
6月4日、病院長から野戦病院の解散命令が下され、生徒達はそれぞれ数名ずつ班をつくって南部へと向かいました。
6月9日、一部の生徒は国吉(現糸満市)に到着。18日に国吉一帯で米軍による猛攻撃が始まり、辺りは一大殺りく場と化し、21日と22日に壕が馬乗り攻撃を受け、多数の死傷者を出しました。
国吉に行かなかった生徒たちは、砲弾が炸裂する中で死の彷徨を続け、ほとんどの生徒が6月下旬に米軍に収容されました。

平成28年3月 沖縄県子ども生活福祉部平和援護・男女参画課

 

ポチ太郎
左右は岩壁に覆われていて、現在では草木が大量に茂っています。進むとすぐに壕口にたどり着きます。

ポチ太郎
安全上の理由から立ち入り禁止となっています。東西約70m、南北約40m程の広さだったようです。
ハチ公
戦後、落盤によって内部調査が困難だったとの事ですが、2012年末より民間団体により少しずつ調査が行われていたようです。その際に、兵士が寝かされていた2段ベッド跡や未使用薬品アンプル、薬瓶、茶碗、軍靴などが発見されました。

✅弾雨の中の看護活動

沖縄戦が激しくなってくると車で傷病兵が壕の下まで運ばれてきます
4人でタンカを使って兵を運びますが、険しい道な上に砲弾が飛び交う中での作業なので、いつでも死の危険と隣り合わせでした。
当初は昼間も運んでいたが、徐々に夕方を待ってから運ぶようになっていきます。

いざ運んでいる時に砲弾が飛んでこようものなら、患者を置いて隠れながらの搬送となりました。
また、全ての患者を診ることは難しいので、生き残りそうな軽傷者を選んで運び、そうでない者は放置されていました。
また、治療の甲斐なく亡くなった兵も多く、最初の頃は穴を掘り棺桶に入れて埋葬していましたが、だんだんとそんな余裕もなくなってくると埋めた棺桶の上に重ねて埋めたり、棺桶にいれる余裕もなくそのまま埋めたり、砲弾の着弾によりできた穴に埋めたということもありました。

病院壕の閉鎖時には、重症患者には青酸カリを投与する処置もされたようです。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]