黒しばわんこの戦跡ガイド

白梅学徒隊 自決の壕【糸満市眞栄里】

calendar

今日は、沖縄県糸満市字眞栄里にある「白梅学徒隊 自決の壕」だべ。
所在地は「白梅の塔」の右側にあり、常時公開されているんだべ。
「白梅学徒隊」は「沖縄県立第二高等女学校」46名の女学生によって構成されており、沖縄戦の時には第24師団第1野戦病院に配属されて「看護補助要員」として勤務していたんだべ
ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
「看護補助要員」って何ですか?
看護師ですか?
看護補助要員は正式な看護婦とは違い、病院のお手伝いさんという位置づけだべ。
だけど、仕事内容は看護婦や医者がやるぐらいの仕事もあったりしたんだべ。
主な仕事は、搬送されてきた患者を壕に運ぶ・炊事などの雑用・患者の食事補助・患者の排泄補助・排泄物の処理・手術の補助(患者を押さえつける・燭台を持つ等)・切断した身体の処理など、補助要員だけど何でもこなしたんだべ。
ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
食事補助とかはいいとして、患者を押さえつけるとか切断した身体なんてトラウマになりますね…
証言を読んでみると次第に慣れてくるみたいだべ
まぁ、人にもよると思うが
ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
ところで学徒隊って何歳くらいなんですか??
男子学生は「鉄血勤皇隊」、女子学生は「学徒隊」に所属するんだけど、男子・女子共に14~19歳くらいだったんだべよ
ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
僕が女だったら耐えられないです!!
犬は働けないから大丈夫だ
千葉の歩兵学校に行って軍犬にしてもらえ

白梅学徒隊は東風平国民学校にて第24師団にて教育を受けた後に、現:八重瀬町富盛にあった第二十四師団第一野戦病院壕に配属される
戦況悪化で病院が解散され、放浪した学徒達が行き着いた場所が「白梅学徒隊自決の壕」なんだべ

ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
自決ってことは手榴弾とかで自殺したんですか…?
この壕は「馬乗り攻撃」といって穴の入口から爆弾を投げ込まれたり、火炎放射をされたりしたんだべ
それによる戦死が多いんだべよ
爆弾は主に「黄燐手榴弾」で、爆弾から飛散した化学物質(白リン)に触れると重度の火傷を負うんだべ
ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
ガソリンを流し込まれて火を点けられるなんてのも聞いたことがあります…
この「自決の壕」には16人の女学生がいたけど、生き残ったのは3名だけだったようだべ
この壕は「マチドーヌティラ」と地域では呼ばれているようだべ。
「ティラ」は神がいる洞穴のことだんべよ
こういった「ティラ」などは各地にあって、戦時には防空壕に使われたんだべ
ポチ太郎
ポチ太郎

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。