黒しばわんこの戦跡ガイド

糸満市束里の「切通の構築壕」

calendar

切通の構築壕

名称 名称不明
住所 〒901-0353
沖縄県糸満市字束里392
(Googlemap:26.087079, 127.677939)付近
解説 束里から喜屋武方面へ抜ける切通し(ワイトゥイ)にある壕跡。入口は背丈ほどの高さまで土砂が堆積している。 難度
A (行きやすい)

今回は沖縄県糸満市にある切通の構築壕だべ

ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公

道沿いの壕ですね!

沖縄県糸満市束里の道脇に構築壕が開口しています。
壕入口は一度塞ごうとした様子が見られますが、現在は壕内に入れるくらいの隙間があります。

壕の詳細は不明ですが、沖縄戦前後に糸満市周辺に配備されていた第9師団又は第24師団による構築と思われます。
北部から攻めてきたという想定よりも、荒崎海岸から上陸された時の対策に構築されたのではないでしょうか?

切通の構築壕

入口に堆積する土砂は約1.5mほど積もっています。

壕は10m程直進すると右に折れます。

右折すると激しく崩落していますが、外に壕が貫通しています。
もう一つの入口に抜けることができました。

入った壕口の右10m横辺りに出ます。
食器が置いてありました。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
仕事・Youtubeに加えて、国家資格勉強中で現在不定期更新になっています🐶💦 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。