黒しばわんこのおさんぽガイド

日本軍に破壊された橋「天願橋」

calendar


沖縄県うるま市の天願地区には、旧日本軍により半壊された橋が残っています。
「天願橋」と呼ばれるこの橋ですが、現在は新しい天願橋が出来ており旧天願橋と言われています。

この橋は1934年に建設されました。サトウキビや日用品の運搬などに利用されたり、コンクリート製のモダンな二重橋の造りの美しさから南沖縄八景にも選ばれるなど、すぐに地域に溶け込みました。

その矢先、米軍の沖縄上陸が間近に迫った頃、米軍の北部進軍を少しでも妨害するために旧日本軍は橋を爆破します。
結果、破壊こそできなかったものの「く」の字に折り曲げることができました。
しかし、米軍はブルドーザーを使い橋に盛り土をして進軍していったそうです。
米軍の進軍を止めた期間は3日間と言われています。

旧天願橋は、1934年(昭和9年)頃に建築されました。当時としては、コンクリート造りのモダンな二重橋の形態をしており、通称ターチー橋、めがね橋とも呼ばれておりました。

沖縄決戦当時、米軍の上陸が迫ると米軍の侵攻を妨害するため、日本軍の作戦により破壊されましたが、完全な破壊には至りませんでした。橋は真ん中から折れ曲がった状態でしたが、米軍は土を被せ、難なく箸を渡ってきたといわれています。

折れ曲がった形で現在も残り、戦争遺跡として保存状態も良く、貴重な文化財です。

うるま市教育委員会設置 案内板より

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

外出大好きなアラサー男です。
趣味で楽器とかサバゲー、運転して仕事のストレス解消!