黒しばわんこの戦跡ガイド

北京にある「中華人民抗日戦争記念館」

calendar

今日は中国の北京にある「中華人民抗日戦争記念館」だべ
ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
日中戦争や太平洋戦争の中での日本と中国に関しての展示があります!!

ここに行ったのは約10年前の大学生の時なんだべ
ポチ太郎
ポチ太郎

ハチ公
ハチ公
撮影したカメラはオリンパスのデジタルカメラのようです!!
糞画質です!!

日中戦争は1937~1945年までの中国と大日本帝国との戦争のことですが、そのきっかけとなったのは盧溝橋事件でした。それ以前から日本軍は治安維持と称して兵隊を駐屯させていました。
その兵隊達の訓練中に鳴り響いた銃声。
そこから日中は戦闘状態となりますが、この一発目の銃声がどちら側によるものかは定かになっていません。
純粋に中国側によるものか、攻め入る理由が欲しかった日本軍による自演によるものなど様々な考えがあるようです。

久々に調べたら入場料は無料みたいだべ。入る時にパスポートを見せたような気がするべ
ポチ太郎
ポチ太郎

ハチ公
ハチ公
無料の割には結構広い資料館です!!

 

中国側の武器だんべか…?
ポチ太郎
ポチ太郎

ハチ公
ハチ公
選択外国語はフランス語だったし、英語の説明もなかったからよく分かりません!!

 




飯盒に双眼鏡、ボウリングのピンみたいなのは手投げ弾っぽいべ
ポチ太郎
ポチ太郎
ヘルメットと薬莢のようだべ
ポチ太郎
ポチ太郎




なんだべか、もはや用途がわからんべ
ポチ太郎
ポチ太郎

ハチ公
ハチ公
花瓶みたいなのは爆弾ですかね?日本にも陶器製手榴弾とかありましたし!!

日本のことを書いているべ
ポチ太郎
ポチ太郎

ハチ公
ハチ公
武力が強くなるほど、大衆の生活は厳しくなることが書いてありますね!!
庶民がやせ細っています!!
プロパガンダのビラですかね?

教科書だべ
ポチ太郎
ポチ太郎

ハチ公
ハチ公
’’抗日’’に関係ありますかね?

毛沢東さん
ポチ太郎
ポチ太郎

ハチ公
ハチ公
中華人民共和国を建国した最高指導者です!!

抗日版文藝春秋みたいなものだべか?
ポチ太郎
ポチ太郎
日本人の暴行記録だべ?

今でもたまに聞く「南京大虐殺」はワンブースで大々的に取り上げられていたべよ

ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
南京大虐殺の被害者らしいです!!

なかなかの閲覧注意写真もあったべ
ポチ太郎
ポチ太郎

ハチ公
ハチ公
子供が泣いている写真は沖縄戦を彷彿とさせますね!!その隣の写真は「重慶爆撃」で検索すると出てきます!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。