黒しばわんこの戦跡ガイド

糸洲の壕・ウッカーガマ【糸満市字伊敷】

calendar

今日は、沖縄県糸満市字伊敷にある「糸洲の壕」だべ。
この壕は幹線道路から脇道に入ってすぐにあるんだべ。
別名:ウッカーガマとも呼ばれ、内部には水が流れていて、近くにある「ウンジャーガマ」と「トーンガマ」に繋がっているといわれているべ。
入口前に立つと水の流れる音が暗闇から聞こえてくるんだべ。
ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
さらっと言ってるけど、暗闇から水音ってめっちゃ怖いですね…
この壕も避難壕だったんですか?
この壕には山3487部隊、第24師団第2野戦病院の小池隊の最期の場所だべ。
この隊は積徳学徒隊という女学生も共に行動していたけど、沖縄戦敗北も時間の問題となった時に学徒解散するように命令がくるべ。
他の学徒隊は解散命令後に戦場に放り出されたところですが、積徳学徒隊を預かっていた「小池勇助」隊長は周囲の戦闘が鎮まるのを待ってから解散命令を出した上、米軍の捕虜になるように彼女たちを送り出すんだべ。
ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
最期の場所っていうからビビったけどいい話ですね!
「皇民化教育」や「捕虜になると殺される」とか言われた時代にそんなことをするのは異端ですね!
今考えれば、こういう人がいっぱいいたらとも思いますが…
隊長は生前「こんなことになるのが分かっていたら君達を預かるべきではなかった」と言っていたそうだべ。
彼女たちを危険な目に合わせてしまったことへの、せめてもの贖罪だったのかもしれないんだべ。
隊長は「死なずに親元に帰り、戦争の現実を伝えてくれ」と学徒を送り出し、積徳学徒隊25人の内で戦争による死者は2人という他の学徒隊に比べると高い生存率となったべ
ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公
そうなんですか!
送り出した後も隊長たちは壕で生き残ったんですか?
この場所は「最期の場所」と言ったべよ。
学徒隊を送り出した後に隊長は自決したべ。
他の兵隊さんも切込突撃にいったりしていたので、学徒隊を送り出す頃には殆ど残っていなかったようだべ
ポチ太郎
ポチ太郎
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。