黒しばわんこの戦跡ガイド

糸満市摩文仁にある「風部隊之碑」

calendar

名称 風部隊之碑
住所 〒901-0333
沖縄県糸満市字摩文仁
(Googlemap:26.091240, 127.718568)
解説 第二次世界大戦中での「風18918部隊」・「第五野戦航空修理廠第一分廠」の両部隊の戦没者を祀っている。「沖縄師範健児之塔」「南冥之塔」「独立臼砲第一連隊戦没英霊之碑」が近くにある。 難度
A (行きやすい)



ポチ太郎
今日は沖縄県糸満市字摩文仁にある「風部隊之碑」だべ

ハチ公
「沖縄師範健児之塔」へ向かう途中にあります!!

沖縄戦の激戦地、摩文仁の平和記念公園内には様々な慰霊碑が存在していますが、平和記念公園からは外れた場所に「風部隊之碑」があります。
「沖縄師範健児之塔」に向かう階段の途中にあり、他にも「南冥之塔」「独立臼砲第一連隊戦没英霊之碑」が付近に建立しています。

風部隊は戦況気象情報・基地通信・整備・燃料補給・整備が主な任務でした。
沖縄に米軍が上陸し沖縄守備軍(第32軍)の通信機能が壊滅して以降には、任務を肩代わりして大本営や関係機関へ通信業務を行っていました。
摩文仁における沖縄守備軍の最期も風部隊が打電し、生き残っていた部隊員も斬込隊として戦いました。
「風部隊之碑」には447柱が合祀されています。

✅風部隊之碑入口

沖縄師範健児之塔へ向かう階段を下っていくと右側にすぐあります。

風部隊之碑

風部隊之碑は第二次世界大戦において日本陸軍の航空部隊のうち大本営直轄部隊であった中央航空路部隊(風一八九一八部隊)と第五野戦航空修理廠第一分廠(誠一九〇二三部隊縄部隊・旧太刀洗陸軍航空廠那覇分廠)両部隊の軍人軍属の戦没者故近藤卓二大佐以下480柱の御霊が合祀されています。

昭和五十三年五月二十日建立
管理団体 航風会

✅風部隊之碑

大東亜戦争に於て昭和19年8月、風18918部隊(中央航空路部)は大本営直轄として東部、中部、西部、沖縄、台湾、朝鮮管区が編成され沖縄管区は那覇にて編成、第5保安中隊、第9勤務中隊はそれぞれ太刀洗及び菊池飛行場に終結の上、沖縄にて既に勤務中の陸軍航空保安部那覇出張所を改編し沖縄本島(読谷及小禄飛行場)、宮古島、徳之島、石垣に展開し通過する飛行機のため第5野戦航空修理廠第1分廠(太刀洗航空廠那覇分廠)と一体となり戦況気象情報、基地通信、整備、燃料補給、警備、給与に任じたり。
而して両部隊の長は故近藤卓二大佐が兼務せり。昭和19年10月10日以降沖縄戦局愈々急を告げ、内地との連絡困難なるに及び、共に第32軍の指揮かに入れり。昭和20年4月、米軍大挙して陸海空より沖縄本島に来空し、その厖大なる戦力は為に山形を改め焼土と化するに至り戦局利あらずついに摩文仁に退く。その間、軍通信網も壊滅状態となるや風部隊はこれに代り大本営及び関係部隊に戦況を報し、特に第32軍最後の状況をも打電せり。また生存者は微力なる装備をものともせず戦い、切込突入隊となりて奮戦しその大半は遂に散華し了りぬ。
宣なる哉軍司令官牛島中将より賞詞及び感謝状を受けたるは、茲に33回忌に当り、奇しくも生き延び得たる者及び関係者相謀り、遺族各位と共に今は亡き戦友を招魂し併せて、航空路本部他管区戦没者を合祀して恭しく弔意し、以てその崇高なる愛国の至誠を讃え子々孫々に至るまで戦争の絶滅を誓い、祖国永遠の平和を希求する象徴たらしめんとす。
英霊よ、来り永へに安らけく留まり、吾等一同子孫に至るまで加護を垂れ給わんことを翼う。

昭和53年5月吉日
風部隊之碑 建設委員一同

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]