黒しばわんこの戦跡ガイド

豊見城市字名嘉地の「サバキナ壕跡」

calendar




ポチ太郎
今日は沖縄県豊見城市字名嘉地にある「サバキナ壕」だべ

ハチ公
現在はコンクリートで塞がれています!!

県道68号線から道を少し入ったところに、不自然に山壁と色の違う部分が存在する。
これがかつて「サバキナ壕」と呼ばれていた壕跡であるが、現在はコンクリートによってふさがれてしまっている。
名前の由来は、この一帯がサバキナと呼ばれていたことにあるようだ。

壕跡一帯は切通となっていて、谷のようになっており壁部分に壕跡が集まっていた。
かつては自然の状態で残っていたようだが、訪問した2019年8月末にはコンクリートによって塞がれていました。
確認した限りで、コンクリートによって塞がれてしまっていた部分は5つであった。

元々避難壕として利用されており、近所の人々の手によって造られたといわれています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]