黒しばわんこの戦跡ガイド

国頭郡本部町字谷茶に残る「本部防空監視廠」

calendar

名称 本部監視廠跡
住所 〒905-0213
沖縄県国頭郡本部町字谷茶310
解説 敵軍の飛行機や潜水艦が来襲しないかを監視するために造られたコンクリート製の施設。
養護施設の敷地内にあるので、事前に問い合わせをするべし。
難度
A

✅本部防空監視廠(本部園内より撮影)



ポチ太郎
今日は沖縄県国頭郡本部町に残っている「本部監視廠跡」だべ

ハチ公
沖縄県には11の防空監視廠がありましたね!

戦争中、飛来する飛行機や襲来する艦船を見張る為に「防空監視哨」が造られました。
かつての沖縄県には11(那覇・糸満・本部・金武・与那城・国頭・嘉手納・宮古・八重山・西表・久米島)の監視哨がありました。
現:うるま市の勝連半島の与那城にある「与那城監視哨」でも確認できる一方、糸満では跡地になっているなど、現在残っている監視廠はとても貴重な戦争遺構になっています。

この本部町の監視哨は、特別養護老人ホーム本部園の敷地内に残っています。
訪問する際は不法侵入にならないように、事前に問い合わせをすることをお勧めします。

本部監視哨跡

監視哨とは、戦時中情報収集の目的で、敵の飛行機や潜水艦などの来襲を監視、発見し(その位置、方向、機数、高度、敵味方の識別等の情報を)警察を通じて守備軍(最初は沖縄連隊区司令部)へ報告して防衛に役立てる為の施設である。

本部に監視哨が設置されたのは昭和10年代で、当初は谷茶の大瀬(現:谷茶公園のお宮)で立哨し、後(年代不明 平良 専哲氏談)海岸段丘上の展望のよい現在地にコンクリート造り監視哨がつくられた。
(当時、渡久地警察署で監視指導係をした新垣康正巡査部長は昭和18年に建造されたと証言)
当時は2階建てで、1階は監視要員の待機所、2階が監視所となっていて、現在1階部分は土に埋まっている。
監視哨員は、崎本部、健堅、辺名地(大浜・谷茶を含む)、渡久地(東・大嘉陽・野原を含む)、伊野波、並里、浜元、清崎地域の優秀な若者を6班に編成し(1班は6名程度)、1週間に1日ずつ勤務した。
双眼鏡を持ち、飛行機や潜水艦を発見するため、5~6人交代で24時間監視体制がとられ、電話は渡久地警察署に取り次ぎ報告した。

昭和19年10月10日米軍による空襲(10・10空襲)の時には、渡久地警察署で電話取り次ぎに当たっていた監視員の一人が爆撃にあい犠牲になった。
沖縄戦とともに監視哨もその任務を終えた。

この本部監視哨は且つて沖縄に在った11の監視哨のうち、その原型が残っている数少ない戦争遺跡のひとつであり、戦争の歴史的遺産として今後の教訓に資するため、本部町の文化財に指定するものである。

本部町教育委員会

訪問にあたって、敷地所有者とされる本部園に電話をしました。
訪問の約30分前。
電話対応してくれた若い女性の方は「本部監視哨」について分からなかったようでしたが、取り次いだ年配の男性の方が「裏にある旧日本軍の建物ですよね?」と理解していただけました。
訪問すると場所を案内していただけました。
道路から見ると建物を挟んで真裏あたりにありました。
かつては施設の入居者の方の休憩所として使用されていたようでしたが、現在は施設側からは鍵がかけられ行けないようになっていました。
案内してくれた方は「柵を越えてもらってもいいんですけどね~」と冗談を言いつつも、施設外から監視哨近くまで行ってもいいとの事でしたので遠慮なく見せていただくことになりました。

うるま市にある「与那城監視哨」に比べると、かなり状態が良い状態で残っています。
崖の上にある監視哨の窓からは本部町の海が見渡せ、この地に監視哨が造られた理由が分かります。

✅監視哨入口から内部を撮影

「与那城監視哨」には残っていた、中央部分の棒が付いていた跡かと思われます。
しかし用途は不明です。

✅本部監視哨跡の中央の柱跡

✅与那城監視哨の中央の柱跡

外装はとても綺麗で、弾痕らしき跡は1か所のみ確認できました。

✅弾痕?

✅戦跡の関連する書籍

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]