黒しばわんこの戦跡ガイド

摩文仁に残る戦争の記憶「平和祈念公園」

calendar

ポチ太郎
今日は沖縄県糸満市と八重瀬町に跨る「平和祈念公園」だべ

ハチ公
260記事目にしてやっと取り上げるのですね!
近くに住んでいるのに!

沖縄南部、糸満市の摩文仁(マブニ)は沖縄戦線最期の場所であり、追い込まれた軍民が入り混じり米軍による「鉄の暴風」に曝されました。
そんな摩文仁には、現在は「平和祈念公園」が出来、日本各県の慰霊塔や戦争によって亡くなった方の名が刻まれた「平和の礎」を見学に多くの方が足を運んでいます。

ポチ太郎
何度か足を運んでいるので過去に撮った写真も含まれてるべ
ハチ公
駐車場から進むと見えてくるのが「平和祈念堂」と「時計塔」 です! そして「平和の丘」も見えてきます!

✅時計塔

時計塔だけど時計はどこに?

✅沖縄平和祈念堂

✅平和祈念像

✅「平和の丘」と「摩文仁の丘」

ハチ公
式典広場から「平和の丘」を撮影。 
奥に見えるのが摩文仁の丘で、慰霊碑が並んでいます!!

✅平和の丘

ハチ公
アーチ状オブジェの下は空洞になっていて、一番奥は太陽の光が差し込むようになっています!! 
これは沖縄戦にて人々を守った「ガマ」と「希望の光」を表現しています!!
ハチ公
黒御影石製のアーチ状オブジェには「平和」への’’誓い’’と’’意志’’がこめられています!!

✅命どぅ宝

沖縄方言で’’命こそ 最高の 宝である’’の意

✅全学徒隊の碑

沖縄には21の師範学校・中等学校があり、全ての学生が学徒隊として動員されました。

✅平和の礎(ヘイワのイシジ)

ポチ太郎
平和の礎には、沖縄戦で亡くなった方の名前が軍人や民間人問わず刻まれているべ

ハチ公
2019年時点で約24.1万人の名前が刻まれています!!

ハチ公
メイン園路の中心線は、6月23日の「慰霊の日」の日の出の方向に合わせてあるそう!!

ポチ太郎
ちなみにこの写真はメイン園路ではないんだべ

✅平和の火

ポチ太郎
慰霊の日など特別な日には、「平和の火」が灯されるんだべ

ハチ公
「平和の火」は、長崎の「誓いの火」・広島の「平和の灯」・沖縄戦における米軍最初の上陸地「阿嘉島」の火打石で灯した火を合わせた火です!!

ポチ太郎
普段はランプに灯していて消えないようにしてるんだべ

ハチ公
火の周りの池部分は「さざなみの池」と呼ぶそうです!!

✅沖縄県平和祈念資料館

ポチ太郎
2020年1月時点で大人1人300円だったべ

ポチ太郎
資料館は太平洋戦争までの流れと、その中での沖縄についての説明、戦中について説明されているべ

ハチ公
改装前の広島原爆資料館にも並ぶ、かなりキツい写真も貼ってありますので注意です!!

中央の高い部分は展望台

✅戦さ世の傷痕

資料館前には、沖縄で発見された魚雷などが展示してあります。

✅日本軍の酸素ボンベ

1989年、那覇市田原の巌部隊陣地壕跡にて発見

✅日本軍の酸素魚雷(大・小)

旧佐敷町津波古、旧豊見城村宜保の陣地壕跡にてそれぞれ発見

✅米軍の戦車キャタピラ

1992年、宜野湾市にて発見

✅日本軍の「大砲の砲身」と「キャタピラ」

一式機動47ミリ砲(速射砲)と推定。

✅日本軍の「四一式山砲(連隊砲)」

✅沖縄工業健児之塔

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]