黒しばわんこの戦跡ガイド

中島飛行機武蔵工場の運動場だった武蔵野陸上競技場

calendar

名称 中島運動場跡
住所 〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町5丁目11−20
解説 武蔵野陸上競技場は、第二次世界大戦当時には中島飛行機株式会社武蔵製作所の運動場として使用された。スタンドの土盛りには横穴が掘られ、防空壕としても使用される。さらに、防空壕の上には高射機関砲が据え付けられた。 難度
A (行きやすい)

ポチ太郎
戦中の日本の航空機のトップメーカー「中島飛行機」の武蔵製作所の関連遺構をまとめていくんだべ

ハチ公
まずは、航空写真からどうぞ~!

✅1944年「中島飛行機武蔵工場」航空写真

国土地理院 「地図・空中写真閲覧サービス」より

✅中島飛行機武蔵工場 配置図

  1944~45年頃 現在
付属病院 住宅地
西工場(旧多摩製作所) 武蔵野中央公園・NTT
東工場(旧武蔵野製作所) パークタウン・NTT・こうちゃん公園
中島飛行機運動場 武蔵野陸上競技場
第一青年学校 武蔵野市立第四中学校
延命寺 延命寺
関前高射砲陣地 グリーンパーク緑地
中島飛行機武蔵製作所正門 武蔵野市立高齢者総合センター
引込線「橋台」 ぎんなん橋
武蔵野野球場線 堀合遊歩道
武蔵製作所引込線 グリーンパーク遊歩道



ポチ太郎
今日は東京都武蔵野市にある「武蔵野陸上競技場」だべ

ハチ公
武蔵野市役所の向かい側にありますね!!

第二次世界大戦期、現在の武蔵野中央公園付近には三菱と肩を並べた航空機メーカー「中島飛行機株式会社」の工場’’武蔵製作所’’がありました。
そのため、付近には関連の施設が多く集まっていましたが、その中に中島運動場があります。
この運動場は、現在の武蔵野陸上競技場の位置にありました。

 

✅武蔵野陸上競技場

ハチ公
現在の屋外プール付近には、テニスコートやプール、土俵などもありました!

 

武蔵野の戦争の記憶を訪ねて

中島飛行機 武蔵製作所 運動場跡

現在の都立武蔵野中央公園から市役所あたりまでには、かつて戦前の日本を代表する航空機メーカーであった中島飛行機株式会社武蔵製作所という軍需工場がありました。
この工場では、約5万人の従業員が交代制で働き、日本の軍用機エンジンの3割程を生産していました。このため、第二次世界大戦末期には、アメリカの爆撃機B29によりマリアナ諸島からの日本本土最初の攻撃目標となり、昭和19年11月24日を皮切りに終戦までに合計9回もの爆撃を受けました。
現在、死のスポーツ施設として利用されている陸上競技場は、当時、中島飛行機の運動場として使用されていました。競技場内のトラックを囲むスタンドは、土盛りされていますが、戦時中はこの土盛りに横穴を掘り、防空壕として使用していました。また、防空壕の上には、飛来する米軍機を迎え撃つため、高射機関砲が据え付けられました。
昭和19(1944)年12月3日の武蔵製作所に対する2回目の空襲では、この防空壕の周辺に爆弾が落ち、待機していた10代~20代を中心とする工員・勤労動員学徒らが多数犠牲になりました。

✅中島飛行機武蔵製作所の査閲式の様子

案内板より引用。 査閲式とは、目上の人に訓練等で身に付けた技術をお披露目する場です。

中島運動場は軍事教練や防空演習などに使用されていました。
戦争が進むとスタンドの土盛りに防空壕が造られ、その上には高射機関砲も置かれます。
1944(昭和19)年12月3目の第2回目の爆撃では、付近に落ちた爆弾の影響から防空壕が崩落し30名以上が生き埋めとなって死亡しました。

 

ポチ太郎
武蔵野運動場については特筆することのない普通の運動場だべ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]