黒しばわんこの戦跡ガイド

三鷹市・武蔵野市の「引込線跡地」

calendar

名称 堀合遊歩道・本村公園・グリーンパーク緑地
住所 〒181-0012
東京都三鷹市上連雀1丁目22
解説 現:武蔵野中央公園の位置にあった「中島飛行機株式会社武蔵製作所」への引込線と、浄水場への引込線が整備されて遊歩道になっている。 難度
A (行きやすい)

ポチ太郎
戦中の日本の航空機のトップメーカー「中島飛行機」の武蔵製作所の関連遺構をまとめていくんだべ

ハチ公
まずは、航空写真からどうぞ~!

✅1944年「中島飛行機武蔵工場」航空写真

国土地理院 「地図・空中写真閲覧サービス」より

✅中島飛行機武蔵工場 配置図

  1944~45年頃 現在
付属病院 住宅地
西工場(旧多摩製作所) 武蔵野中央公園・NTT
東工場(旧武蔵野製作所) パークタウン・NTT・こうちゃん公園
中島飛行機運動場 武蔵野陸上競技場
第一青年学校 武蔵野市立第四中学校
延命寺 延命寺
関前高射砲陣地 グリーンパーク緑地
中島飛行機武蔵製作所正門 武蔵野市立高齢者総合センター
引込線「橋台」 ぎんなん橋
武蔵野野球場線 堀合遊歩道
武蔵製作所引込線 グリーンパーク遊歩道




ポチ太郎
今日は三鷹市と武蔵野市にある「引込線跡地」だべ

ハチ公
引込線跡地は主に遊歩道になっていますね!!

第二次世界大戦期、現在の武蔵野中央公園付近には三菱と肩を並べた航空機メーカー「中島飛行機株式会社」の工場’’武蔵製作所’’がありました。
製作所への物資運搬に使用されたのが鉄道でした。

✅堀合遊歩道

「堀合(ほりあわい)遊歩道」は中央線線路から緩いカーブを描いて、都道12号線にある「ぎんなん橋」までを結んでいる遊歩道です。

この場所は戦後に存在した「武蔵野競技場線」の線路跡です。
現在の武蔵野中央公園東側付近にあった「東京スタジアムグリーンパーク野球場」へ観客を輸送するための中央線の支線でした。
この球場は「国鉄スワローズ(現:ヤクルトスワローズ)」が本拠地としていましたが球場はすぐに閉場され、後に路線も廃線となりました。

✅グリーンパーク遊歩道

現在、グリーンパーク遊歩道として整備されている場所は、中島飛行機武蔵製作所への引込線「東京スタジアムグリーンパーク野球場」への輸送路線として使われていた場所です。
遊歩道の途中には「関前高射砲陣地跡」が整備されたグリーンパーク緑地があります。

武蔵野の戦争の記憶を訪ねて

中島飛行機 武蔵製作所 工場引込み線跡

グリーンパーク遊歩道は、太平洋戦争中、今の緑町・八幡町にあった「中島飛行機 武蔵製作所」への物資輸送の引込線跡です。工場では航空機エンジンを製造し、昭和13(1938)年から20(1945)年まで稼働していました。引込線は武蔵境駅から玉川上水までの部分は、境浄水場の引込線を利用して工場までの線路を敷きました。戦争末期には、工場はアメリカ軍の激しい空襲を受け、その際、引込線も被弾しました。
戦後、昭和26(1951)年工場跡の一角に「東京スタジアム グリーンパーク野球場」が開設され、プロ野球観戦などの観客輸送のため、この付近から線路を敷き直し、三鷹駅からの国鉄「武蔵野競技場線」として生まれ変わりました。
しかし、間もなく野球場は閉鎖され、引込線も昭和34(1959)年に廃止されました。その後、廃線跡は昭和59(1984)年に遊歩道として生まれ変わりました。

✅本村公園

中央線から境浄水場までを繋いでいた引込線跡は「本村公園」として整備されています。
公園と玉川上水が交わる場所には橋台跡も残っています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]