黒しばわんこの戦跡ガイド

はがくれの塔/佐賀県

所在地沖縄県糸満市字摩文仁
(平和祈念公園内)
建立年月日昭和40年10月17日
敷地面積 727平方メートル
合祀者数 約28,000柱
(沖縄戦戦没者914柱、南方諸地域戦没者27,000柱)
管理団体 佐賀県遺族会

第2次世界大戦中、太平洋方面の戦場における本県出身者の戦死者は実に2万8000余柱の多きに及んだ。
今これらの英霊をなぐさめるために最後の決戦場であったこの摩文仁の丘にはるかに郷土の貞石を運んではがくれの
塔を建てながくその忠勇を顕彰する

昭和41年10月
佐賀県戦没者沖縄慰霊塔 建設期成会 会長
佐賀県知事 池田直

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。