黒しばわんこの戦跡ガイド

戦後の東京で起きた毒物殺人「帝銀事件」

calendar

名称 帝銀事件
住所 東京都豊島区長崎
帝国銀行 椎名町支店
解説 1948年1月26日に東京都豊島区長崎の帝国銀行椎名町支店で発生した毒物殺人事件。
東京都防疫班を装った中年男性によって、行員と用務員ら16人に青酸化合物が飲まされ死亡した。
難度

(現存しない)



ポチ太郎
今日は東京都豊島区で発生した「帝銀事件」だべ

ハチ公
西武池袋線で一駅目の椎名町駅近くですね!
管理人のポチ太郎が学生の時に住んでいました!

戦後、混迷の時代を過ごす日本において毒物殺人が起こります。
1948年1月26日、東京都豊島区長崎にあった帝国銀行椎名町店(現:三井住友銀行)で、銀行に訪れた中年の男により青酸化合物が16人に飲まされ内12人が無くなりました。
中年の男は東京都防疫班の腕章をし、付近で集団赤痢が発生したため予防薬を飲むように促し毒物を飲ませて殺害後、現金と小切手を奪った。

 

✅帝銀事件

1948年1月26日、西武池袋線(事件時は武蔵野線)椎名町駅近くにある帝国銀行(現:三井住友銀行)椎名町支店において、支店が終了した後に東京都防疫班の腕章を腕に付けた中年の男が訪れました。
「この付近で集団赤痢が発生し、そのうちの一人がここに訪れているので予防薬を飲まなければならない」と説明し行員と用務員の一家の計16人を集めます。

犯人は全員の前で薬について説明をし、自ら薬品を飲み手本を見せたことによって被害者らも男を信用します。
薬は第1薬と第2薬があること、歯のエナメル質を痛めるので舌を出して飲むように等、犯人から注意があったがこれらは確実に薬を飲ませる為の手口とも考えられています。

薬を飲むと胸が焼けるような感覚が襲い、一分後に犯人から第2薬が渡され、痛みから解放されるためにも皆が競うように飲み干します。
しかし痛みが治るどころか気分も悪くなり、なんとか野外に助けを求めた人がいたため事件が発覚しました。
16人の内11人がその場で死亡、1人が搬送された後に亡くなりました。
犯人は現金16万円と小切手を強奪します。

4人の生存者によって犯人の手口が明らかになりました。

✅帝国銀行 椎名町支店

✅新聞に掲載された事件現場

✅類似した事件

帝銀事件の以前に類似した手口の事件が起こっていました。

安田銀行荏原支店

1947年10月14日、閉店直後の安田銀行(現:みずほFG)荏原支店に「厚生技官 医学博士 松井蔚」の名刺を持った中年の男が訪れます。
「赤痢感染者がこの銀行に来たので、行員とお金を消毒しなければならない」と支店長へ伝え、支店長は交番で巡査へ確認するが、巡査が署に確認している間に帝銀事件と同様の方法で薬が飲まされてしまいます。
この時は死者は出ず。
使用された名刺は本物でした。

三菱銀行中井支店

1948年1月19日、閉店直後の三菱銀行(現:三菱UFJFG)中井支店に「厚生省技官 東京都防疫課 山口二郎 」の名刺を持った中年の男が訪れます。
やはり「集団赤痢が発生したため、行員と現金を消毒する」と支店長に伝えますが、不審に思った支店長は食い下がると、行員が処理していた小為替に液体を振りかけて帰っていきます。
この時に使用された名刺の人物は存在せず、事件直前に作られたものでした。

✅手配書

ポチ太郎
身長は158㎝くらいだべ
ハチ公
ゴマシオ頭とは!?

✅残された証拠と犯人逮捕

帝銀事件を含め、3件の事件で犯人が残した証拠は、薬・「松井蔚」の名刺・生存者の証言・帝銀で強奪した小切手を換金した際の筆跡があります。
捜査では当初、薬については症状から「青酸カリ」が疑われましたが、生存者の証言から即効性の「青酸カリ」ではなく遅効性の薬物であることが分かりました。
青酸カリに似ている遅効性の毒物に「青酸二トリール(アセトシアンヒドリン)」にいきつきます。
そして、この薬物を暗殺用として作り出したのは旧陸軍の科学研究所でした。
旧陸軍の科学研究所で知られているのは現:明治大学の敷地内に存在した「登戸研究所」がありますが、関係機関には731部隊が知られる「防疫給水部隊」やスパイ養成をしていたとされる「陸軍中野学校」などもあります。

また、犯人の使用していた「駒込ピペット」は細菌研究所や軍関係の研究所が主に使っていたこと、なにより名刺に記された「松井蔚」は戦中は南方軍の防疫給水部「9420 部隊」で活動していました。
これらのことから、捜査本部では旧陸軍関係者に焦点を当て捜査していきます。

この「松井蔚」という人物は、名刺を渡した人物と日付などを記録していた几帳面な人でした。
名刺は100枚印刷され、8枚を本人が所持・62枚を捜査関係者が回収・22枚は紛失したが事件とは無関係と判断されます。
残りの8枚が行方が確認できない=怪しい ということになります。

そんな中で一人の人物が逮捕されます。
テンペラ」という絵画技法の画家であった「平沢貞通」でした。
逮捕の理由として
・交換した名刺を持っていなかった(財布ごと名刺を盗まれており、盗難届を出している)
・事件当時のアリバイが不明確である
・銀行関係で詐欺事件を起こしている
・事件直後に被害相当額を預金している

しかし、被害者らに確認するも「この人です」と断言する人はおらず、聴取においても薬学の知識が全くないことが分かるなど、そもそも旧陸軍に関係ない等疑問の残る逮捕となりました。
厳しい尋問の末に平沢が自白し、帝銀事件と未遂類似事件による強盗殺人と強盗殺人未遂で起訴されます。
公判になると一転して無実を主張しますが、東京地裁で死刑判決・東京高裁で控訴棄却・最高裁で上告棄却で死刑が確定しました。

✅陰謀論

平沢貞通の逮捕で終結したとされる「帝銀事件」ですが、事件の特異さや捜査方針の急転換などから、松本清張など多くの作家が題材にしています。
その中には「旧陸軍関係者を守る為にGHQが旧陸軍への調査を中止させた」というGHQ陰謀論などもあるようですが、現在でも「帝銀事件」の詳細は分かっていません。

✅現在の銀行跡地付近

✅関連書籍

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]