黒しばわんこの戦跡ガイド

東京都北区十条台に残る「東京第一陸軍造兵廠 十条工場 275号棟」

calendar

東京第一陸軍造兵廠 十条工場 275号棟

名称 東京第一陸軍造兵廠十条工場275号棟,東京第一陸軍造兵廠第一製造所
住所

〒114-0033
東京都北区十条台1丁目2−5

解説 東京都文京区の小石川にあった東京砲兵工廠銃砲製造所が移設されたのをきっかけとして、「東京第一陸軍造兵廠第一製造所」と名称は変わりながらも終戦まで銃弾などを製造する工場が置かれた。
北区に返還された一部である赤レンガ倉庫は整備されて北区立中央図書館へと生まれ変わっている。
難度
A

今日は東京都北区十条台にある「東京第一陸軍造兵廠第一製造所 275号棟」だべ

ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公

今は図書館になっていますね!

北区立中央図書館

かつて北区の十条一帯には東京第一陸軍造兵廠の工場が存在していました。
その始まりは1905年まで遡ります。
当時は東京都文京区にあった「東京砲兵工廠銃砲製造所」が十条台に移転してきたことから始まります。
1904~1905年の日露戦争での弾薬不足を補うために工場拡張して移転してきたのです。
その後も十条台に工場は置かれ、1940年になると「東京第一陸軍造兵廠第一製造所」に改称されますが、基本的には弾薬や火薬の製造が引き続き行われていました。終戦後、米軍から接収されると米軍の戦車整備工場として使用されていました。
最終的に北区に返還され、特徴的な赤レンガの建物は整備されて、2008年より北区立中央図書館として生まれ変わりました。

東京第一陸軍造兵廠 十条工場 275号棟跡

歴史を感じさせる赤レンガの建物は一見するとカフェにも間違えそうな外観です。
レトロな外観ですが、中の図書館は近代的な作りになっています。

東京第一陸軍造兵廠 十条工場 275号棟跡

図書館の隣には公園が隣接しているので、子供たちの遊び場でもあります。
そんな場所でも約75年前には弾薬の工場が地域を占めていたなんて信じられません。
この十条エリアから滝野川付近まで資材運搬などの目的で軍用貨物線が敷かれていました。
現在の埼京線の線路から橋台の遺構が確認できる他、憲兵詰所跡とされる遺構等が数多く東京都北区には残されています。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
仕事・Youtubeに加えて、国家資格勉強中で現在不定期更新になっています🐶💦 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。