黒しばわんこの戦跡ガイド

沖縄県中頭郡北中城村に残る「大城の銃眼」

calendar

大城の銃眼

名称 大城の銃眼
住所 〒901-2314
沖縄県中頭郡北中城村
解説 大城グスク内に残っている、日本軍が構築した銃眼。
詳しい構築年や構築者は分かっていない。
難度
A

今回は沖縄県中頭郡北中城村に残る「大城の銃眼」だべ

ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公

かつてこの場所は大城グスクというお城があったようですよ!

沖縄県中南部に北中城村があります。
ショッピングモールのイオンモールライカムが有名です。

ライカムの喧騒から離れ、村の南に大城地区があります。
この大城地区には日本軍が構築した「大城の銃眼」が残っているのです。

「大城の銃眼」の目印は荻堂貝塚やチブガーです。
また、銃眼のあるこの場所一帯自体が、かつての「大城グスク」という城があった場所になります。
一帯には石積が残っています。

銃眼近くにある大岩
大岩からは背後にあるゴルフ場と中城湾が見えます。

この地には沖縄守備軍の第32軍の内、第62師団の独立歩兵第23大隊・独立歩兵第12大隊・独立混成第44旅団がそれぞれ守備していた時期がありました。
この銃眼もいずれかの部隊によって構築されたようです。

大城の銃眼 入口
高さは2m以上あります。

天井の無い小部屋のようになっています。
内部の広さは2m×2.5mほどで、銃眼の大体の方向は西・北・東の方角に開いています。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。