黒しばわんこの戦跡ガイド

うるま市川田の「ライフルピット(銃座)」

calendar

うるま市川田の銃座

名称 うるま市川田のライフルピット
住所 〒904-2232
沖縄県うるま市川田
解説 川田地区から前原地区に渡って構築されたライフルピット(銃座)
第24師団歩兵第89連隊によって構築されたとされるが、米軍が西海岸から上陸した為に使用されることはなかった。
難度
A

今回は沖縄県うるま市川田に残る「ライフルピット」だべ

ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公

銃座ともいいますね!

現在は埋立地がありますが、かつてはうるま市川田~前原地区からは中城湾が一望できました。
そのため、米軍の上陸を警戒して護岸に銃座が構築されました。
しかし、米軍は西海岸から上陸したのでこの銃座は使用されることはありませんでした。

この銃座は1944年に、第24師団歩兵第89連隊によって構築されたとされています。
第24師団は当初は中部地域にて陣地構築や防衛を行っていましたが、1944年12月に第9師団が台湾に転出したことで、本島全体の部隊配置が変更され、現糸満市や八重瀬町付近に配置転換されます。

金山均大佐率いる歩兵第89連隊は「運玉森の戦い」などに参加しています。

護岸に構築された多数の銃座
草に覆われた銃座
前原・塩屋地区を見る

前原地区から川田地区までで多数の銃座が構築されました。
かつては115基の銃座が確認されていましたが、現在は土地開発などによって数が減少しています。

銃座から、かつての海を見る

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。