黒しばわんこの戦跡ガイド

うるま市具志川の「具志川グスクの壕」

calendar

具志川グスクの壕

名称 具志川グスクの壕
住所 〒904-2223
沖縄県うるま市具志川3415
解説 金武湾に面した具志川グスク跡に残る防空壕跡。
日本軍が陣地として利用したり、米軍上陸後は地域の若者が壕内で自決をした場所である。
難度
A

今回は沖縄県うるま市具志川に残る「具志川グスクの壕」だべ

ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公

壕内で13人の若者が亡くなりました!

金武湾に面したうるま市具志川に「具志川グスク」があります。
三山時代よりも古いグスク時代の遺構とされています。

沖縄戦の時には日本軍が陣地を構築したり、地域の若者が手榴弾で自決した地でもあります。

具志川グスクの麓に壕が残っています。

具志川グスク入口。
壕へは標柱に向って左へ向かう。
崖を見てみると壕がいくつか残っています。
火炎放射の痕跡なのか黒くなっている部分があります。

米軍が上陸した直後の1945年4月4日、迫りくる米兵から逃げた地域の若者たちが「具志川グスクの壕」へたどり着きます。
追い込まれた若者たちは手榴弾による集団自決を選び、13名が犠牲になりました。

自決の壕
グスク内の別の壕。他の壕に比べて綺麗に掘られている。
崖に開く壕口。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。