黒しばわんこの戦跡ガイド

機銃掃射跡が残る「野方配水塔」

calendar




ポチ太郎
今日は東京都中野区にある’’水の塔’’こと「野方配水塔」だべ

ハチ公
「野方」という名前ですけど、住所的には「中野区江古田」なんですね!!

野方配水塔は高さ33m程もあり、その見た目からも目立つ配水塔跡です。
1929年に竣工してから1966年まで稼働し、現在は災害用の給水槽となっています。
また、登録有形文化財としても登録されています。

この野方配水塔は戦前に建てられていることもあり、機銃掃射跡が残っています。
案内看板にもその事が書かれています。

野方配水塔

空襲時の弾丸の傷跡が残されている配水塔です。
関東大震災後、都市化による水の需要に応えるため、この地にあった給水場に、給水塔が造られました。
この給水塔は1966(昭和41)年に配水を止め、その後、災害用給水塔として使われてきました。

中野区

上の写真はみずのとう幼稚園側から見た配水塔です。
案内看板によれば、この写真の中央下部分の黒ずんでいるところが機銃掃射の痕と案内されています。

しかし、野方配水塔について調べてみると「この機銃掃射跡は違うのではないか」という情報を発見しました。
廃墟がお好きな方のブログのようですが、読んでみると中野区役所に直接問い合わせもしたとのこと。

 野方給水塔 弾丸跡の謎 - 黒沢永紀オフィシ...
野方給水塔 弾丸跡の謎 - 黒沢永紀オフィシャルブログ (旧・廃墟徒然草)
https://search.yahoo.co.jp/wrs/FOR=nngfvONV3iiY5xOqTFF5YaQvV6xvXYrG5x6h32ijCC09ZrgXTtGMp5KHfFT54.8KAsODqbNXDSPZG1fv6yIWk2CwqCxP2vU3cUUDjmseV_wv3bxm.Z9YPSfwZdDNKJAKiyrGdw6LL4IWOI1uNiaZqNibI5ZVfVjMxBr0hhdIWgOdd3uX_3vWUmPO4JBU71gm.thauGEB0wmS81XsznMjDGo_AeAwX67KLVQMl0hTNwK7IS3eQTph0H2K35m2gKBtXCk3Ow--/_ylt=A7YWNMlKZFheXjUAY4uDTwx.;_ylu=X3oDMTBtdTY1Z3BjBHBvcwMyBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGU-/SIG=12o7o5hnr/EXP=1582951946/**https%3A//blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/75bb2e10306bef0326673abe4cc91189

このページに依ると、看板で案内されている場所が掃射跡ではなく、ちょうど真裏にある補整された部分が掃射跡であるとの回答をいただいたようです。

 

これが配水塔裏の写真です。
みずのとう公園として整備されている側です。
この白く塗られている部分が本当の機銃掃射の痕とのことです。

ハチ公
どっちが本物なんですかね??

ポチ太郎
個人的には、「それらしい痕がいくつかある」くらいの認識でいいかなと思うべ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]