黒しばわんこの戦跡ガイド

南城市知念久手堅に残る「吉岡隊陣地壕」

calendar

名称 吉岡隊陣地壕,ウフグスク軍陣地壕
住所 〒901-1511
沖縄県南城市知念久手堅
(Googlemap:26.168563, 127.827572)
解説 ウフグスク軍陣地壕とも呼ばれる人口壕。がんじゅう駅南城の横に構築されている。 難度
A (行きやすい)




ポチ太郎
今日は沖縄県南城市知念久手堅にある「吉岡隊陣地壕」だべ

ハチ公
ウフグスク軍陣地壕とも呼ばれるようです!

国道331号線沿いにある「がんじゅう駅南城」の交差点を知念体育館方面へ入っていきます。
「がんじゅう駅南城」と「地域物産館」を過ぎると左手に丘陵があり、この丘陵地帯に吉岡隊陣地壕が現存しています。

この場所を含む知念半島に配備されていたのは「重砲兵第7連隊」です。
この隊は元々「中城湾要塞重砲連隊」という名称で、中城湾を警備する主戦力となる隊でした。
1944年5月に重砲兵第7連隊に改称されています。

「吉岡隊陣地壕」や斎場御嶽内の「ウローカー砲台」には、重砲兵第7連隊第2中隊が配備されています。

✅吉岡隊陣地壕

奥に停まっている車はがんじゅう駅南城の駐車場。壕口は丘陵に3~4m程踏み込んだ場所にあります。

中央の木の奥付近に壕があります。

砂岩(ニービ)を刳りぬいて構築された壕の壁面には、約1m毎に坑木を立てた痕が残っている。入口部分は砂で埋もれているが、中に入ると壕内の広さは高さ約2m・幅約1m程になる。

落盤もあまりしておらず、綺麗に残っています。最奥は海に面しており、銃眼と見張り穴があります。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]