黒しばわんこの戦跡ガイド

周南市大津島の展望台

calendar

大津島の展望台

名称 展望台
住所 山口県周南市大津島
解説 大津島内にある鬣山の頂上。
回天の搭乗員らの間では登山競争などが行われていた。
難度
C(体力が必要)

今回は山口県周南市大津島の展望台に行ってみるべ

ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公

運動不足解消ですね!

山口県周南市の沖合に「大津島」という島があります。
かつては人間魚雷「回天」の搭乗員訓練施設などがあった島で、現在でも回天記念館などでその歴史を現代に伝えています。
回天記念館へ向かう道の途中、鬣山へ登る登山道があります。

鬣山は標高163mの山で、現在は登山道が整備されています。
戦中は、回天の搭乗員らも登山競争などを鬣山で行ったそうです。
その影響か、「回天山」という呼称もあるようです。

登山道
高速船が入港中の馬島港。
手前に見える建物は大津島小学校です。

登山道入口から展望台までは約700mで、途中に「魚雷見張り所」があります。
戦跡巡りでガマや山の上の高射砲跡など色々な場所に行きまくってるので、体力は余裕かと思ってましたが結構しんどかったです。
加齢の影響もあるかもしれませんが…

鬣山展望台

足を止めないつもりでしたが、わりと傾斜がキツイのと階段がキツくなり、2度ほど止まってしまいました。
20分くらいで展望台に到着しました。

頂上には「未来の風」というモニュメントがあります。
上の三角の部分が風で回転します。
頂上からの景色。
手前の島は黒髪島、その奥には出発地である徳山港があります。

桜が咲いていました!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。