黒しばわんこの戦跡ガイド

金武町国道329号沿いにある「日本軍屋嘉捕虜収容所跡の碑」

calendar

名称 日本軍屋嘉捕虜収容所跡の碑
住所 〒904-1203
沖縄県国頭郡金武町屋嘉 国道329号
解説 第二次世界大戦の際、米軍は捕縛した日本兵をこの場所に収容していた。
一時は人数が増えすぎた為、約3000人がハワイに移送された。
難度
A

「屋嘉ビーチ前」バス停の横に碑があります。



ポチ太郎
今日は沖縄県国頭郡金武町にある「日本軍屋嘉捕虜収容所跡の碑」だべ

ハチ公
案内看板などが全くない碑です!

金武町の国道329号線沿いの「屋嘉ビーチ前」バス停付近には、戦時中に米軍が建てた収容所「日本軍屋嘉捕虜収容所」がありました。
沖縄戦の時、生存者や捕虜を集めた収容所は沖縄県各地にありました。
民間人は各地の収容所に数日収容した後に沖縄本島中部の野嵩・安谷屋・越来などの収容所に移送していました。
この屋嘉にあった収容所は主に軍人を収容していた場所でした。
各地で収容された軍人は、この場所に集められて収容されたといいます。

日本軍屋嘉捕虜収容所跡の碑

第二次世界大戦中(昭和20年)米軍はこの地に捕虜収容所を設け、投降した日本軍将兵約7000人を収容して厳しい監視下におかれた。
一時捕虜の数が増え約3000人がハワイに移送された。
その時の将兵等はP.Wと呼ばれ敗戦の悲哀の中から強度出身の一兵士により「屋嘉節」が作られた発祥の地でもある。
この収容所は1946年(昭和21年2月)閉鎖となり米軍保養所となって1979年(昭和54年)8月31日全面返還されるに及んだ。

【碑文より引用】

ポチ太郎
「P.W」は「Prisoner-of-War」の略だべ
民間人は「CIV(civilian)」とされたべ

ハチ公
上着の背中にペンキで書かれていました!

✅日本軍屋嘉捕虜収容所跡の碑

ポチ太郎
空き缶や木材、パラシュートの紐を使って「カンカラ三線」を作ったんだべ

ハチ公
それで出来た歌が「屋嘉節」なんですね!

✅カンカラ三線

✅屋嘉節

一、なちかしや沖縄 戦場になやい 世間お万人ぬ袖ゆ濡らち
二、涙飲でぃ我んや恩納山登てぃ 御万人とぅ共に戦凌じ
三、あわり屋嘉村の闇の夜の鴉 親うらん我身ぬ 泣かんうちゅみ
四、無蔵や石川村 茅葺きの長屋 我んや屋嘉村の砂地枕
五、心勇みゆる四本入り煙草 さみしさや月に流ちいちゅさ

✅関連書籍

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
2020年4月から月・水・金の更新を目指します。 [詳細]