黒しばわんこの戦跡ガイド

西原町字小波津の「小波津陣地壕」

calendar

小波津陣地壕

名称 小波津陣地壕
住所 〒903-0118
沖縄県中頭郡西原町字小波津
解説 古墓に隣接して壕口が開口している。
住民を徴用して掘られた人工壕で、野戦砲隊が使用していたとされる。
難度
A (行きやすい)

今回は沖縄県の西原町小波津に残る小波津陣地壕だべ

ポチ太郎
ポチ太郎
ハチ公
ハチ公

お墓の中にあるんですね!

沖縄県の西原町小波津周辺は小高い丘陵がいくつもあります。
戦中、これらの丘陵を使用して日本軍は人工壕をいくつも構築していきました。
その中の一つに「小波津陣地壕」があります。

県道の脇に開口した壕口は、南向けに一ヵ所の開口部があります。
U字型の構造をしており、かつては2ヵ所の壕口がありましたが現在は崩落により塞がってしまっています。

小波津陣地壕

壕の入り口には左右に柱が建っており、高さは約1m・幅は1.5m程となっています。
壁面を見てみると、坑木を差し込んでいた痕跡が残ってボコボコしています。
10・10空襲の後に住民を徴用して掘られ、西原に駐屯した部隊の野戦砲陣地として使われていました。

刺さったままの釘
煤が残る明り置き

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

この記事をシェアする

ポチ太郎

ポチ太郎

戦跡と旅行と黒柴が好きな管理人です。
仕事・Youtubeに加えて、国家資格勉強中で現在不定期更新になっています🐶💦 [詳細]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。